« □ 先のYouTubeと良い | トップページ | お知らせ/もろもろ »

□ 現在地

という言葉が最近あたまの中から離れない。
かつて「目的地」というチェルフィッチュの舞台を見たけど、自分にとっては「現在地」の方が問題みたいだ。
今、自分がどこにいて何をやってるのかわからない。
fringeをぼーと見てたらバームクーヘン解散の記事があって驚いた。
小劇場界でまったく見向きもされてなかったと思ってたけど、ていうかいまも思ってるけど、解散すると記事になるんですね。ふーん。
じゃあ、かつて私達が居た場所はどこだったのだろう。今、いる場所はどこなんだろう。
と、思えば相撲部の稽古中に木元氏がせりふの時代を見せてくれた。
「反復かつ連続」の劇評が載っていた。まったく知らなかった。
驚いた。こーゆーのって教えてくれないんですね。
ちなみに唯一の出演者内山ちひろ氏にも聞いてみたけど彼女も知らなかった。
でかでかと写真のせられてるのに…。
なにかやって評価されたり、まったく無反応だったり、悪反応だったりして。
そんでいちいち驚いたり、落ち込んだりしてるのは自分が今どこにいて何をやってるのかわかってないからじゃないか。
自分の「現在地」がわかっていれば何をしたって、どんな反応だって、着実に「目的地」に向かっていけるんじゃないか。
いや、やっぱり「目的地」が重要なのかしら。
どこにいようが「目的地」さえ見失わなければ進み続けられるのかしらん。
「点」で補足しようとするのが間違いか。
「線」や「面」で考えたほうがいいのか。
ダメだと思ったものがそんなに悪くない反応だったりするのが一番、迷う。
もうさっぱりわかりません。

|

« □ 先のYouTubeと良い | トップページ | お知らせ/もろもろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187515/15633624

この記事へのトラックバック一覧です: □ 現在地:

« □ 先のYouTubeと良い | トップページ | お知らせ/もろもろ »