« □ 夏休み | トップページ | □ 「十字星」初日&目白→シアター風姿花伝 »

□ 「十字星」小屋入り

次作「14.√1.90」の構想を練る日々。つまりはぼーとしてしまう日々。
どんどん資料を図書館から取り寄せている。
思わぬところから思わぬメールを頂く。悪戯かと思う。
ありがたいやらどーしたものやら。しかしワクワクする。来週にお会いする約束をする。
「十字星」の稽古は通しを一回見せていただいて、個人的に気になったところや台本のエラーを一緒に稽古して直しました。
俵氏、桜木氏はがんばってる。スタッフの方々もすごい。
それにしても私の戯曲に3500円はちょっと高いだろう。
こーゆーこと書くのはどーかと思う人もいるかもしれないが商いは正直にが私のモットーだからしょうがない。
でも「十字星」は、その、なかなか、いい作品だと思います。
のでもしお時間と懐に余裕がある方はどうぞ。明日からやってます。

|

« □ 夏休み | トップページ | □ 「十字星」初日&目白→シアター風姿花伝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187515/16057237

この記事へのトラックバック一覧です: □ 「十字星」小屋入り:

« □ 夏休み | トップページ | □ 「十字星」初日&目白→シアター風姿花伝 »