« 現代演劇暴論14「『あゆみ』はいかにして作られるのか14」 | トップページ | ■「御前会議」稽古1日目 »

□ 明日から「御前会議」稽古開始です

なんか色々あったけど全部忘れました。
パイドラの愛を観劇後、革命日記の打ち上げに便乗した。
新国立劇場にも行った。劇王で審査員だった深津篤史氏に「反復かつ連続」を渡しに行ったのだ。
それで深津氏が演出している岸田國士作「動員挿話」の稽古を見させてもらった。
青年団の太田宏氏が出演していて、太田氏は「御前会議」の初演に出ていて、今度やらせていただきますとご挨拶。稽古はすごく面白かったんだけど、なによりも岸田國士の戯曲が面白くて驚いた。え、これ現代口語演劇じゃないですか。非常に残念ながら途中退室。ちょうど新国研修所の試験をやってるらしくなんだかドキドキした。
Kc3a0078

で、嫌なことが続きすぎたので時間的にしんどかったけど小指値篠田氏の家パーティーに参加。あまりにも色んな人がいて話せども話したりず。しかし、音響星野氏との打ち合わせができてよかった。
写真はさめ氏と大道寺氏。
Kc3a0079Kc3a0080

終電で帰って朝一でセキコウ氏と打ち合わせ。「御前会議」のチラシがどうしても遅れてしまったので急ピッチでお願いする。
6月のチラシ会議も。どっちも面白いチラシになりそうです。
で、昨日・今日とで明日の初稽古&顔合わせの準備。
役者さんへの課題曲選びに一苦労した。色々、稽古のアイデアも浮かんできてる。
これ「あゆみ」みたいに作業工程、全部書いちゃいたいんだけどどうなんだろう。ネタバレかな。つまんなくなるかな。だいじょうぶか。
で、3月は「御前会議」の稽古と平行して「あゆみ」の戯曲を書くことに決める。
なので稽古日記と執筆日記を書いていこうと思う。
セコセコ隠しててもどーせ誰にも見向きもされないんだから全部書いちゃいます。
「御前会議」は現代口語ミュージカルです。メロディのない音楽劇を作ります。つまり平田オリザの戯曲をラッピンします。
「あゆみ」はゼロから長編を書きます。劇王版とは別物になります。現在の執筆進行度は0%です。
では明日からスタートです。

|

« 現代演劇暴論14「『あゆみ』はいかにして作られるのか14」 | トップページ | ■「御前会議」稽古1日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187515/40176811

この記事へのトラックバック一覧です: □ 明日から「御前会議」稽古開始です:

« 現代演劇暴論14「『あゆみ』はいかにして作られるのか14」 | トップページ | ■「御前会議」稽古1日目 »