« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の23件の記事

■ 「あゆみ」稽古13日目

・5月27日(火)
だめだだめだ言ってたのに昨日+10分もアップにかけてしまう。
アップというか、もう創作なんだよな。
わかりました。迷ってたけどこれは舞台に使いましょう。
って言ったらみんな喜んでた。絶対しんどいと思うんだけど。
本日も走り穂で稽古。
今日は村田牧子さんが来てくれた。高級そうなかりんとうをいただいた。 
稽古前に木元君も来てたみたいだけど文学座を見に行ったそうな。
おみやげのひよこはおいしくいただきました。
上京編の仕上げ。中々いいのではないだろうか。
この日はチケットができたのだった。
半券をもぎるとチラシ同様つながるようになる。
でも本当は前後を繋げるのではなく新しいチラシと繋げるのが作品的には正解です。
つまり描くのはループではなくラインなのです。
Kc3a0294_2
Kc3a0293
Kc3a0295

| | コメント (1) | トラックバック (0)

■ 「あゆみ」稽古12日目

・5月26日(月)
だめだアップに1時間10分もかけてしまった。
しかもみんなまだまだやりたそうだ。はまってしまった。
ちょっとこれは置いておこう。
走り穂では手狭なのだなぁ今回の芝居は。
小畑さんが稽古見学に来てくれた。
高校編をまるまる見たわけなのだけどどうだったんだろう…不安だ。
上京編の譜割りは終了。セリフをおぼえてもらって明日稽古だ。

早速、小畑さんがブログに色々書いてくれました。

Kc3a0292

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ 「あゆみ」稽古10日目&11日目

・5月24日(土)
いけないいけないと思いつつまたもやアップに一時間かけてしまう。
だって楽しくて。色々やることあるんだよなー。
この日は無理な課題を提示してそれをどうすればできるようになるのかそもそも無理なのか、自分たちで話し合って改善して自己増殖できるのかやってみた。うーん。まだまだだなぁ。もっとコンテキストを摺り合わせまくって欲しい。
この日は確認したりなんだり。あとオープニングを試してみたり。

Kc3a0286
Kc3a0287

・5月25日(日)
この日もアップの趣向を変える。
前からやってみたかったことをやってみる。
みんなおもしろがってくれた。
でもこれ見てる人に伝わるのかな。
うまくできればすごく気持ちいいと思うんだけど…。
野上さんに振り付けをお願いしようと思ってる。
雨があがって日が長くて夏みたいで嬉しい。
新しい台本を配ってシーン作り。
ちょうど前半と後半をつなぐブリッジのようなシーン。
やっててだいぶ寂しくなる。別に悲しいシーンでもないんだけど。
楽しい悲しい寂しい嬉しい懐かしい新しい、全部まぜこぜになったような芝居になれば良いなぁ。

Kc3a0289
Kc3a0290
Kc3a0291

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ 「あゆみ」稽古9日目

・5月23日(金)
どうしても本番が行けそうもないので阿佐ヶ谷にてmrs.fictionsのゲネを見学させてもらう。
で、見終わって早めに稽古場に行く。
内山さんが弁当食ってた。
斉藤淳子さんが復活。けどまだマスク着用中。
アップはまた一つ趣向を変えて手を叩きながらやってみたり。
BPMが消えても自分たちで持続できるか挑戦してみる。
全然できない。もうちょっとできるでしょ、って皮肉を言ったら練習すればできるからってみんな負けず嫌い。
稽古場にでかい虫が飛び回ってすごく邪魔。
協力して退治しようとするも上手くいかず。
偶然にも廣野さんがやっつけた。しかし、勇者はいつもどこか寂しげ。
この日はぐるっと部屋を囲んで喜びのバトンリレーをやってみた。
飛び跳ねるぐらい笑ったなぁ。これはWSにできるかもしれない。
あゆみという芝居の側面を十二分にお手軽に体感できる。
なんとなくみんなが仲良くなってきたような気がする。
早く演出家を駆逐するほどに役者達が団結したらいいなぁ。
Kc3a0283
Kc3a0284
Kc3a0285

| | コメント (0) | トラックバック (0)

□ ジンジャーに乗ってを見て

稽古は休み。
快快の「ジンジャーに乗って」を見に行く。
ほぼ同じ料金&時間だったので都電荒川線に乗って王子へ向かう。
なんだか久しぶりの都電。かしまし娘を自動的に思い出す。
王子のマックで台本の見直しとちょっとだけ書く。
子供もおばさんも女子高生ものんびりしててよかった。
で、開場45分前に王子小劇場へ。ジンジャー試乗がしたかったから。
偶然にも青年団荻野氏と出会う。荻野さんは試乗会を知らなかったらしいけど一緒に参加。
ジンジャーは愉快。乗りこなせたら楽しかろう。天野君はもう体の一部みたいだった。うらやましい。
音楽聞きながら公園とか乗ったらいいだろうなぁ。
荻野さんと微妙な15分の時間つぶしのおしゃべりをして開場。緊張した…。
なんかすごい知ってる人ばかりがいたような客席で観劇。
見ながら色々なことを思った。忘れないようにメモ。
今後の自分の創作のためのメモ。

・テーマは無駄宣言=不条理劇(現代の)を作ろう、という過酷な困難に真っ向からぶつかってた
・極論すれば「何かがある」ということと「何もない」ということしか演劇(芸術?)は表現しないわけなんだけど、「何もない」ってのはようするに不条理劇のことで。「ない」ことを作品にするのは「ある」ことよりも単純に難しい。幽霊は存在する、よりも、幽霊は存在しない、ことを証明する方が難しいのと同じ。で、さらにそこに何らかの満足感を与えなければいけないのだからつらい。ただ「ない」ことを一生懸命、説明してもないのだから脱力するだけで。で、ないことを証明するんだから、ストーリーも意味もカタルシスも明喩も暗喩もない。なのに観て良かったと思わせなければいけない。だから難しい。古典の不条理には歴史が勝手についてきてしまうのでまぁ安心して見ることはできるのだけど。現代作家がそこに挑むのは中々リスキーなことなのだ。だからエライ。
・というわけでジンジャーには明確にゴドーが下敷きになっていて、その扱い方に問題が発生するのではと危惧したが上手いものだった。欲を言えばもう一歩踏み込んだ対話の構造が生まれれば。
・会話の意味解放→エピソードの純粋情報化→情報のキャッチボールに新しい意味発生、の予兆を感じる。これは自分の次期短編作品アイデア。これも早くやんないと誰かにやられる予感びしばし。急がねば。
・あくまで快快(小指値)は東京生まれな表現だと思った。いかに舞台が静岡でもだ。地方出身者&上京経験者の感覚とはどっかちがう。おなじノスタルジーでも。と、自分に言い聞かす。だからむしろそこで勝負したらいいのかなぁ。
・でcapsuleとdaft punkと吉幾三と静岡と渋谷・六本木とジンジャーとテクノロジックはみごとな対立構造になってて良い選曲だったと思う。
・寝る演出は良かった。初日にはなかったらしいけど。これも自分の次回アイデアとシンクロするので興味深く観察した(パクリどころを探した)。すやすや寝てる人達とその横で起きている人達っていうのはやっぱいい。自分がいつも寝てしまう側なので寝てる人を見ている人達を見てみたいのだ。だから作る。
・デモが出てくるあたりで三月の5日間との関連を見いだす人もいるかも。まぁ、事実関連してるとは思うけど。むしろリンクしているのはフリータイムだと思う。最近読んだECDとか福満しげゆきとかチベットとか聖火とか色々考えてたことにしっくりとくる。あと前田先輩のグレート生活アドベンチャーと偉大なる生活の冒険。私達の自堕落で貧乏でのんべんだらりとした生活は戦いなのだ。いまになって次の言葉がとてもしっくりくる。戦争に反対する唯一の手段は、各自の生活を美しくしてそれに執着することである。なるほどなー。
・後半のテキスト分解の技術度は非常に高度なものだった。何度となく思っているがここに個人の妄想力の凄みが加われば恐ろしすぎる。これからこのような集団創作的な稽古場創作的な演劇が増えていった場合、個人の劇作家が立ち向かっていくための武器はそこにあるのだと思うがみんなどう。みんなって誰だ。

本当に岸田獲るのかな。獲ったらめちゃうれしいけど同じぐらい悔しいなぁ。泣くなぁ。
つーか俺も欲しい岸田。本当に欲しい。どっか落ちてないかなぁ…。
Kc3a0277
Kc3a0278
Kc3a0279
Kc3a0280
篠田さんとセグウェイはよく似合う。

Kc3a0281

げーしらなんだ。車庫前で放り出されてもっかい電車賃を払った…。
Kc3a0282

| | コメント (1) | トラックバック (0)

■ 「あゆみ」稽古8日目

・5月21日(水)
遠いけど広い稽古場。
短編版あゆみの稽古で唯一フルサイズとれたとこだ。懐かしい。
斉藤さんは風邪でお休み。新菜さんはなんか遅刻。
というわけで久々にアップの歩行を念入りにやってみる。
ここの稽古場は卓球台があるので裏も隠す。
いままでわりとずさんだった袖の出ハケもシビアに。
あとこのさい第一歩も完全に揃うようにやってもらう。
キックに合わせて1拍目で入るし9拍目で出る。
ずれたら指摘。我ながらねちっこい演出だなぁ。
そんなこんなしつつ昨日作ったところを調整。
で新しいとこ稽古。10行ぐらいは進んだかな……。
本日は内山さんがもみじまんじゅうを持ってきてくれた。
あと新菜さんもオリーブオイルのポテトチップを買ってきてくれた。
ちょっとだけ早めに終わってみんなでバスで帰る。
まだ8回か、もう8回か…。
Kc3a0273
Kc3a0272
寝ながら日記用の写真を撮る新菜さん(髪切った)。

Kc3a0275
Kc3a0276

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ 「あゆみ」稽古7日目

・5月20日(火)
雨だったけどやんでよかった。
地下鉄を降りて稽古場まで歩く。
歩きながら芝居について考える。うーむ。
斉藤さんが風邪でお休み。
ここんところ風邪が流行っているのでみなさん注意してください。
ガシガシ先に行ってみる。
高校生編。青春だ。
にしても何も起こらない芝居だなぁ…、ただただ歩いてるだけだ、不安になってきた。
わざとやってるんだけどプロットもできるだけ山を作らないように、平坦に、走り出さないように、歩き続けるように、がんばってるんだけど。
そもそもストーリーっていかに山を作るかだからなぁ。だいじょうぶかなぁ。
宮永さんがお菓子を持ってきてくれた。
プロデューサーの大事な仕事だ。お菓子は。堅焼きプリッツがおいしかった。
喜ばしい知らせがいくつか。忙しくなりそうだなぁ…。
帰りに同じく千川で稽古していたmrs.fictionsの面々と遭遇。
明後日小屋入りだってどひー。
Kc3a0269
Kc3a0270
Kc3a0271

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ 「あゆみ」稽古6日目

・5月18日(日)
前回の反省をいかして新しいところをやってみた。うん良い稽古だった。
こーゆー刺激があって反復練習があってというのが良いのだろうな。
ようかんとおばあちゃんがよく持ってるなんか和風のゼリーみたいな色の付いた透明の寒天みたいなおかしとドーナツと差し入れがたくさんでよかったんだけどペプシ買ってきちゃってたしだいたい甘いもんばっかりそんなに食べられねーよって、男子ですから。と思ったら女子もキツそうだった。でも差し入れがいっぱいあるって女子校ぽい。最終的には便秘の話とかをしだしたら最高(レベルで女子校っぽい)かな。別に女子校ぽくなんなくていいんだけども。
もうあと一ヶ月です。あせるー。(←私の考える女子校っぽさ)

Kc3a0268

Kc3a0267
たまには少人数の写真をとろうとしたら失敗した。

で稽古の翌日のつまり今日は青年団若手自主西村企画「新宿八犬伝」を見に行った。
受付も手伝った。残って飲みたい気持ちをこらえまくって帰る。
ここ数日、台本をぼんやりと悩みつつ色々と見たり読んだりした。
演劇だと東京デスロックの「ワルツマクベス」とか来週は快快を見に行く。
映画マンガ音楽だと「レミーのおいしいレストラン」「海の上のピアニスト」「フォレストガンプ」「時をかける少女」「純情クレイジーフルーツ」「東京ガールズブラボー」「メードイン山形」「るきさん」「黄色い本」「ひとりずもう」「多摩美の講義ポッドキャスト、高木正勝」「エアマスター18巻〜最終巻」「僕の小規模な失敗」「僕の小規模な生活」「荒井由美」「般若vs漢vs外人21瞑想」とか。
どれも創作には必要だったのです、と言い訳してみる。
岡田あーみんの「こいつら100%伝説」とか「ルナティック雑伎団」とか読みたいのにどこのマンガ喫茶にもなくて困る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ 「あゆみ」稽古5日目

・5月16日(金)
正午に舞台監督さんとご挨拶&舞台相談会。
現段階で色々と考えていることを話したり聞いてみたり。
できることとできないことをサッと教えてくれてとても良かった。
アクティングエリアを変更しなければいけない事実に気がつき一瞬冷や汗が出る。
もしかしたら一から作り直さねばならない可能性があるからだ。
ま、でもだいじょうぶかと思いつつ終了。よろしくお願いします。
新宿でまんが喫茶に行く。
ここんところ読んどいたほうがいいかなと思うマンガがあったので。
ないのもあったけどあるのもあって読んですごくよかった。けどその作品の空気にやられてしまった。
なんとなくけだるく稽古場へ。
小竹向原で稽古。
アクティングをこっそり変更して内緒で稽古してみる。
気がつかなければオッケーということだ。何がオッケーだ。
けっこうだいじょうぶだったのでみんなにばらした。
この日は今までやったところを細かく延々と。
しかし、この日の稽古はモヤモヤしてしまった。
飽きっぽいのか。もう前半は飽きてきてしまった。
嘘だ。台本がないのにこんなに前半ばっかやってていいのだろうかという気持ちが「飽きた」ような感覚にさせるのだ。だから新しい台本の稽古はキャッキャ進む。単純に先が知りたいのだなぁ。みんなも俺も。とりあえず最後まで行って細かくやっていく方がみんなもよさそうだ。
うん。反省終了。しかし筆は進まず。当然、写真もない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ 「あゆみ」稽古4日目

二日酔いだったりだめな気分になったり家のインターネットを止められたりで更新が滞ってしまった。
・5月14日(水)
はアゴラの5階で稽古。
やっぱり青年団のみなさまが見学に出たり入ったり。緊張するなー。
広くて床暖房でよかろうと思ってたら新作の椅子とかが大量にあってやりずらかった…。
あと気候も暖かくて床暖房も気持ち悪くなって途中で消してしまった。
でもカーペットでみんなで裸足でやってみる。
けっこう愉快な稽古だった気がする。
稽古後、顔合わせに参加できなかった人も含めてのむ。
斉藤さんは終電の関係で参加できず。残念。
途中から野村さんが参加してきていつものパターン。記憶なし。
作品について鋭い質問をいくつかされて、それは自分の中で内緒にしてたんだけど言いたくてしょうがなかったので、うれしくてあることないこと言いまくる。
気がついたら朝だった。頭が痛かった。
そしたら早速、野村さんのブログで色々書いてもらった。
Kc3a0264

Kc3a0265_2

Kc3a0266
新菜さんと宮永さんが焼きそば作ってくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ 「あゆみ」稽古3日目

Kc3a0263Kc3a0262_2
今日も今日とて真面目に稽古。
なんとかみんなが仲良くなるようにと名前鬼のあゆみバージョンを考えてやってみた。
うまくいったのかどうかよくわかんないけどまぁいっか。
そんなことよりも早く台本書けって感じだ。
とりあえず最初に配った分は終わってしまった。
オープニングとか飛ばしてるけど。
明日の稽古でもう10ページ持って行く予定。
これで貯金分が全部なくなるっちゃなくなる。
というわけで台本を書かねば。
ひとつのシーン、ひとつのセリフでも演じる人間によって感じが全然変わるから面白い。
桜井さんが今回、本当にはじめてお手合わせいただいているのだけど不思議な雰囲気で興味深い。声がキレイ。空中にちょっと浮いてる感じ。
明日はアゴラで稽古だ。ちょっと緊張。

Kc3a0261

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ 「あゆみ」稽古2日目

Kc3a0259
板橋区で稽古。稽古場が広くて良い。
アゴラの壁から壁をとってもまだ余る。
だから板橋区の稽古場は良い。たとえ駅から遠くても…。
前半は例によってBPMに合わせて歩く。
全員で横並びに歩いてみたり、走ってみたり。
前回作ったシーンを実寸で作り直し、いない人間の稽古もやってみる。
まだまだ稽古場の休憩時にはうっすらと緊張感が漂う。
女子校みたいな雰囲気になるのかなぁ。
純情クレイジーフルーツとか、めーどイン山形みたいな。
前に思いつきで書いた100人あゆみだけど、もっとイメージが膨らんで、一度出てきた役者は二度と出てこない、でも舞台上にあゆみはずっといるっていうのができたらすごいんじゃないかと思う。これって新しい市民劇の形になるんじゃないのか。役者=観客ができるし。
まぁ寝言は寝て言えって感じで最近、睡魔がすごすぎる。春だからだ。
稽古日記もまとめて書く始末。台本も止まってしまった。
ハイバイ岩井さんの日記には稽古開始日に完成したと。ぐえー。
あゆみブログの女優稽古場日記が面白い。
後半は人数を増やして最後は全員とかいいかもしれない。
合宿日記の「同じ現象の別視点日記」っていうのが面白かったから。
Kc3a0260

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ あゆみプレ稽古2&本稽古1日目

本稽古前にもっかい少人数でプレ稽古をやった。
廣野さん、斉藤さん、一回やったけど宇田川さんにも来てもらう。
OPWSの中からキャッチボールと意識の分散をやる。
コンテクストは飛ばしてあゆみテキストに入る。
三人で2時間、細かくやってみる。
オリジナルキャストのまったく混ざらないあゆみを見てすこし面白く感じる。
色んな役者さんでやってみたらおもしろいだろうなぁ。
写真をとりわすれたので家によく来る猫の写真。
Kc3a0255

そして翌日は本稽古。10人全員集合。圧巻。走り穂が狭く感じる。
車座になって自己紹介WS。最近はこれにコンテクストの話を混ぜつつ。
あたらしい嘘のつき方に出会ったり、嘘をつきそびれたり色んな人がいて愉快。
で、曲に合わせて歩いてみる。
今回もこれが基本となる。
緊張したり場所が変わったり、距離感をはかれなくなったときに頼りになるのは反復練習で培った感覚と技術。
さすが10人いれば色んな歩き方を試すことができる。
前回とはまた違った歩き方に延々トライ。
稽古後半で今回の台本を使って稽古。
オープニングは難しいな。導入となり全体への布石となるので。まぁゆっくり作ろう。
果たして10人でどうやって作ればいいのか模索しながら稽古。
なんとかなりそうです。
Kc3a0257

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ あゆみ顔合わせ&プレ稽古

Kc3a0252

あゆみWEBでも書いてますが、立蔵葉子さんの出演が決定しました。
かなり初期の段階で出演交渉をさせていただいててスケジュールの都合から難しいとのことだったのですが何とかなりました。
すっごい心強いし楽しみ。何人でも増える分にはかまわないのが「あゆみ」の面白いところで、いつか100人とかでやっても良いかもしれまん。
顔合わせって言っても役者4名不在。つまり40%いないわけで。大人の難しさを痛感しました。やっぱ100人無理だ40人いないってことだもんね…。

顔合わせ終わってそのままプレ稽古。短編「あゆみ」の1ページをチームに分かれて創作してもらう。つまり黒川深雪チームと内山ちひろチーム。経験者の二人だからおのずとチームリーダーになる。
まずはこの世界のルール説明から。2人が四苦八苦して説明してるのが面白くてしょうがない。で、やっぱりみんな役とセリフと体の分解が上手くいかない。練習なしで上手くいくはずない。そのズレを大喜びで見てる俺。あと木元くん。
さらに今回、画期的なのは2チームになったことでこの芝居が外からどう見えるのか別チームが観察できること。
これが前回はできなかった。
前回数日かけて作ったシーンを30分でなんとなく形に仕立てる。うん。さすが一度やっただけのことはある。

次に、こっからが初挑戦なのだけど、同じテキストを6人で演じてみる。
より多人数になるとどう見えるのか。順番はどうすべきか。配役の移動はどうしたらおもしろいか。色々探ってるうちにあっという間に時間が過ぎた。これが10人になったらさらにどうなるのか。
早く先が知りたい。だから早く戯曲を完成させよう。
おじさんの俳優が出ないと嫌だとダダをこねていたみゆきんぐも楽しみになってきたと嬉しい発言。
さぁがんばるぞ。っと思ってたら酔っぱらって熟睡。あーあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

□ あゆみ台本執筆中

Kc3a0251
ファミレスから帰ると家ではmrs.fictionsの面々が戯曲会議中。初の長編だもんね、15mm3回やっての公演だもんね、そりゃ勝負どころだよね。がんばってくれ。俺もがんばる。あゆみがんばる。チラシコメントをもらいすぎたせいでやたらと期待値を上げてしまい自分で自分の首絞めまくってるけどがんばる。
ハイバイ岩井さんのブログに9日稽古開始で今20分ぐらいの台本があって稽古開始までに半分はいっときたいみたいなことがあって何から何までまさに自分と同じ状況なので心のなかでエールを送りつつ励みにがんばろうと思う。ちなみに初日も同じ。
スケジュールを確認したらGGフェス東京デスロックが行けないことになっている。これはかなりまずい。追加公演の奇跡にかけるしかないのか。やたらと評判の良いタカハ劇団も無理だ。ていうかどうせチケットあまってないか。こうやって書いて罪滅ぼしをしてるつもりなのだけど全然なってないだろうな。
明日は「あゆみ」顔合わせだ。ついでにプレ稽古を1時間ほどやりたいと思う。
短編あゆみの感覚でいうと今回の稽古期間はギリギリすぎると思う。
スタートダッシュをかけようと思うが途中でバテそうで怖い。でも怖がっている時間が惜しいほどに時間がない。
だったら早く台本を仕上げろよという話。はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

□ 久々にアゴラ劇場に行った

「御前会議」の精算会と平田オリザ団長との面接のため。
精算会にハンコを忘れる。あと行きの電車で傘を忘れる。なにやってんだ。
オリザ団長との面接はなんかけっこう話した。何分ぐらいだったんだろうか。
上がったり下がったり。ひきの弱さを自覚させられてへこむ。
話してて、久しぶりにワンシチュエーションのコメディが作りたいなぁと思った。
前からもう一度、今の感覚で設定とキャラと物語をこねくりまわしたいとは思っていたのだ。
やっぱりやるべきときがくるのかな。ちゃんと考えてみよう。
とりあえず目の前の芝居をちゃんと作ろう。「あゆみ」だ。
面接終了後に有志で軽く飲む。
乞局稽古で遅れて合流した木引さんに「台本完成したんですか」とか「余裕ですね」とか皮肉激励を言われてますますへこむがんばろうと心に誓うのであった。

あ、御前会議の劇評が出てて嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

□ 合宿写真一挙公開です

Kc3a0202
Kc3a0206
Kc3a0216
Kc3a0231
Kc3a0233
Kc3a0242
Kc3a0237
Kc3a0238
Kc3a0232
Kc3a0246
Kc3a0247
Kc3a0249
Kc3a0243
おしまい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

□ 合宿終了5.2.00:35:17

Kc3a0250
23時半に家に帰ってみたら今村氏しかいなかった。当たり前か。
というわけでドタバタ劇作合宿は無事(?)終了となりました。
各自の自己ノルマは達成できたり達成できなかったり。
でも各々、成果を出せたのですごく有意義でした。意外と。
このノリで稽古開始前には「あゆみ」第一稿をあげたいのだけど可能か。とりあえずぐちゃぐちゃでも書いちゃって後から直せば良いのだ。
今村くんと二人で、中篠コンビが飲んだ大量の缶ビールの空き缶(俺もちょっと飲んだけど)を捨てたりして、彼らの痕跡を消す。つか掃除。
あー楽しかった。
未練がましいわたしは次の記事で撮り溜めた写真を一気に公開しようと思います。

最後にもっかいみんなのブログ。みんないいこと言ってんぜ。

・今村圭佑(Mrs.fictions 主宰、家主)→「Mrs.fictions製作日誌
・中屋敷法仁柿喰う客 代表、最年少みんなの二歳下)→「柿喰う日々
・篠田千明(快快 演出家・イベンター・シノダ、紅一点)→「篠田的音楽紹介
・柴幸男(青年団演出部、わたし)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

□ 合宿最終日5.1.14:09:13

中屋敷くんが一足早く合宿終了。みんなで見送る。
今回、屋敷くんの創作スタイルがかいま見れておもしろかった。
基本的には演劇オタクでミーハーなので売れっ子劇団柿喰う客の頭脳がどう動いてるかとかは興味があるわけですよ。参考とかじゃなくて。ドラマのムック買っちゃうみたいなのりで。だからいちファンとして楽しかったし色々質問できてよかった。
ほんと演劇の話しかしなかったな。なんか近くに引っ越してくるみたいだから楽しみだ。またこんどー。
Kc3a0245

| | コメント (0) | トラックバック (0)

□ 合宿最終日5.1.11:58:27

今日の朝&昼ご飯はチャーハン祭。
篠田さんのキムチチャーハンと私の普通チャーハンをみんなでいただく。
この合宿ももうすぐ終了。
みんなそれぞれの仕事でバラバラにでていくからドカーン終了ーみたいのがないけど、ていうか俺と今村くんは家だし。
昨日も思ったけど、人が減ったら寂しくなるだろうな。
半分だもんな。単純に。さ、ラストスパートでノルマ達成しよ。
Kc3a0234

| | コメント (0) | トラックバック (0)

□ 合宿最終日5.1.10:37:47

昨日は5時ぐらいまでねばってお腹空いて中屋敷くんとコンビニに行って食べて寝る。
で、今、起きる。おはようございます。中屋敷くんも短編書き終わったって。めでたいね。
Kc3a0230

| | コメント (0) | トラックバック (0)

□ 合宿最終日5.1.03:52:28

篠田さんがついに短編を脱稿。めでたい。仮眠をとって直すとのこと。
喜びの篠田さん。
Kc3a0229
中屋敷くんもスパートをかけている。
今村氏はお休み中。
全然進まねーだめだこりゃー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

□ 合宿最終日5.1.00:37:35

パスタ作ったり、企画書(中屋敷くんが)書いたり、篠田さんが帰ってきたり、篠田さんがパスタ作ったり。
色々、あったけど仮眠を30分とったのでがんばります。
Kc3a0223

Kc3a0224

Kc3a0226

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »