« □ 「チャイニーズスープ」終了しました | トップページ | □ 原宿cinraトーク→ENBU→東海あんぎゃスタート! »

■ 「いわきのあゆみ」稽古1日目

結局、チャイニーズスープの稽古日記も全日記録は無理だった…。どうしても本番直前はバタバタしてしまうのだなぁ。なんでも先延ばしにするのがよくないのだ…。と毎回反省してる。で、「いわきのあゆみ」である。本当は稽古1日目じゃないけど、でも台本に入ったのは今日からなので稽古1日目としよう。超ひたちで12時に湯本着。寒い。東京も寒かった。雨のいわきは初めてだ。紅葉がはじまっているみたいで山や木がところどころ色づいてきれい。石井先生からいわきの紅葉はきれいじゃないって聞いてたけど、全然きれいだと思う。この全然きれいって言葉が龍さんや土井さんになじまないのを見てなるほどなぁと思った。きれいだよ、全然。はすぐ言えるっていうのも面白い。オリザさんはそこらへんわかっててわざと書いてたんだろうなぁ。「まじ?」とか使ってるし。いや考え過ぎだろうか。
石井先生とおそばをいただく。毎回、おそば食べてるけどおいしいなぁ。鴨南をいただく。あったまったー。で、いわき総合高校へ。インフルエンザがはやってるらしい。ちょっとびびる。てつかが体調悪しで早退だそうで。みんな気をつけてくれー。歓迎パフォーマンスは飛ばしてラップアップへ。ちょっと残念。でもあと1ヶ月半だもんなぁ。ラップはみんな歌詞を変えてきて楽しかった。てかどんどん歌詞がくだらなくなってて、エッセイてか日記みたいになってる(笑)でもラップじゃなかったら絶対に歌にならないような日常ばっかりだから面白いなぁ。ほんとつれづれなるまま過ぎるだろうっていう。もえ→じゃなくていまむー(でした間違えて書いてたごめんね…)がプリントに歌詞を書いてて、ちょっと嬉しくなってブログ用に写真を撮らせてもらったらみんなに冷やかされた。今までは格好をつける遊びみたいな感じでラップでアップしてたわけだけど、こーやって稽古の合間に起きた出来事を歌詞にして歌って発表するっていうのは新しい試みかもしれない。
Pap_0009

そんなことを考えつつ「いわきのあゆみ」へ。まだ基本「あゆみ」のテキストを使って手探り。でも持っていきたい方向は結構、自分の中で決まっている。とりあえず高校生編までは駆け抜けたい。みんなに台本を読んでもらう。標準語もみんなきれいに喋るなぁ。でもやっぱちょっとなじんでない気がするので、友達に話すみたいに適当に言ってみてって言ったらあっという間に言葉が変わってちょっと感動する。でも、自分はもしかしたら訛りに執着しすぎかもしれない。求めすぎないよう気をつけよう。
いつものデパートくだりを作ってみる。基本のシーン作りを理解してもらう。でもみんな理解が早い。1時間半でなんとかデパート終了。でもやりながらデパートじゃなくてスーパーにして、ついでにMARUTOにしたいなぁとか思ったけど、まぁ、それはまた。あと、今回はアトリエをわがまま言って横使いさせてもらおうとしてて、照明とかどうするか全然まだ考えてないんだけど、でも裏通りを廊下にして、教室を出てまた入ってくるっていうのは、やってみてちょっとぐっときてしまった。単純に部屋を出て戻ってくるっていうのがはじめて何だろうけど、でもなんか教室と廊下の関係ていうか、うーん、あんまり考えがまとまらないけど、やはりここもここだけの「あゆみ」が出来そうだ。よしがんばろう。
あまりに寒いので温泉につかって帰ることにする。今日は古滝屋さん。瞬間的に雨が上がったので、露天風呂に。高い(位置が)!誰もいない!寒い!あまりに寒いので慌てて温泉へ。気持ちよかったー。フルーツ牛乳飲んで帰京。いつも日帰りはもったいないと思う。次は4日間ぐらい滞在する予定だから楽しみだ。
Kc3a0004

|

« □ 「チャイニーズスープ」終了しました | トップページ | □ 原宿cinraトーク→ENBU→東海あんぎゃスタート! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187515/46793182

この記事へのトラックバック一覧です: ■ 「いわきのあゆみ」稽古1日目:

« □ 「チャイニーズスープ」終了しました | トップページ | □ 原宿cinraトーク→ENBU→東海あんぎゃスタート! »