« □ 原宿cinraトーク→ENBU→東海あんぎゃスタート! | トップページ | ■ 「いわきのあゆみ」稽古2&3日目 »

□ 東海あんぎゃ終了しました

前回の日記の曜日のでたらめさと言ったらひどいもんでした…。直しました。やたらアクセスが増えたのでなんだと思ったら中屋敷くんブログからのリンクだった。中屋敷くん人気があってうらやましい。

・11月23日(月)
Kc3a1001
可児市での戯曲講座。の前に衛館長にも時間をもらって「あゆみ」などの企画説明。なんとか「あいちのあゆみ」をたくさんの場所でやろうと必死で動いている。龍昇さんと深い仲らしく龍さんと先月ご一緒したんですよって言ったら可児のことを知った龍さんと同じリアクションをして面白かった。本当に長いんだろうな。戯曲講座は岸井さんのワークショップで体験したフィールドレコーディングで遊んでみる。みなさんの戯曲には「観察」が足りないと思ったのだ。かなり直前に思いついてやってみたんだけど楽しかったなぁ。可児さんのメモの取り方とか面白い。あとは戯曲について個人と話す。みんなはまじめに取り組んでくれてる。みなさん初めての長編だから大変だと思うけどがんばりましょう。ちょっと遅くまで待ってると、やはり可児も劇場のイルミネーションがあって、可児は毎日、市民を募って点灯式をやってるんだそう。
Kc3a1003
この日は新婚2年目ご夫婦の結婚記念日だそうだ。衛館長と劇場職員の人達が結婚談義で盛り上がってた。これもひとつの劇場の形だよなぁ。せっかく街にあるのだから芝居を見なくたって、音楽を鑑賞しなくたって劇場に遊びに来てくれたらいいと思う。それが「ロビー」という挑戦なのかなって思う。お芝居と、それを見ている観客と、演劇を見ない人とをどうやって出会わせるか、出会いの機会をいかに増やすかかなぁって思う。強制的に作品を見せる訳にはいかないもの。だったら玄関を大きくして入りやすくするのがいいのだと思う。
名古屋に帰ってオイスターズの河村さん&平塚さんと飲む。オイスターズは今じゃ珍しくなってしまったナンセンス不条理会話劇で、僕的には別役さんの直系と言うか、好きなんだよなぁ。これは単純に趣味の話で。って長編は見たことないんだけど。でも戯曲は読んだ。くだらなくて可笑しかったのだ。平塚さんのはだか道は見られぬものか。

・11月24日(火) 
朝から栄へ。まずは中日新聞の三田村さんと話す。近況を報告したり。劇王Ⅳでのご挨拶が懐かしい。よろしくお願いします。
そのまま大橋さんと話す。3時間ぐらい話したんじゃないだろうか。大橋さんは名古屋を離れ武者活するらしい。なんか日本の色んな各地で大橋さんと会いそうな気がする。
そのまま鹿目さんと待ち合わせしてNHKへ。中学生日記のプロデューサーさんとご挨拶。あおきりさんのアフタートークを聞いて興味を持ってくれたらしい。なんで(笑)でも柔和な感じなんだけど切れ者な感じがびんびん伝わってくる方でした。名西の隣の天白中学(だっけ?)で撮影してるっていう噂は本当だったのだろうか。あまりにくだらなすぎて聞けませんでした。
名古屋駅に向かい、afterimageのトリエさんと岩佐さんとご挨拶。というか作戦会議。そう今回、あゆみの前はafterimageさんなのだ。なんとか愛知トリエンナーレをなかったことにされないために画策することで意見が合う。まだはじまってもいないんだけど。でもほんと、こっちは完全にほったらかしみたいなんで、じゃあそれを逆手にとってどんどん勝手なことをさせてもらおう。おこられない程度に。雨の中、帰宅。ほとんど一日、栄にいたな…。

・11月25日(水)
早起きして栄へ。この日もか。トリエンナーレ事務局にご挨拶。で、打ち合わせ。色々、確認したり。やっぱりだいぶ厳しめの設定なのでがんばって戦わないとだ。で、伏見に行って猫飛横丁へ。
Kc3a0001
二村さんにご挨拶。去年のワークショップ以来か。いろいろと演劇談義をしたり。そうかー、七ツ寺も参戦か。こりゃますます気張らんといかんがや。でもうまいことつながれたらおもしろそう。七ツ寺は憧れの劇場。いつか公演したい。

で、次は吹上へ。来ました千種文化小劇場、通称ちくさ座。筒井さんと色々と話す。劇場も見せてもらえた。こちらも去年のワークショップ以来、懐かしい。本当にわが星はこの場所を想定して作ったんっす。「廃校366」で来てからずっと良い劇場だなって思ってて、いつか円形の作品を作ったときはって思ってたのだ。別れ際にあって思い出して、立体模型の話をしたら実物を持ってきてくれた。すげー!
Kc3a0003
Kc3a0001_2
ちゃんと実物と寸尺が合ってるってのがすごい。爆笑しながらも、これはまじで平面図に変わる新しい劇場資料になるのではないだろうかと考える。美術だってイメージしやすいし、特に制作まわりにとっては劇場がどういう構造でロビーと楽屋とトイレの関係とか立体で把握できて、これを前にミーティングできたら、当日できることが飛躍的に増えるのではないだろうか。国内の劇場がみんなこれ作ったら相当、旅公演が楽になるだろうな。
Kc3a0005
おみやげに模型セットをもらう。ちゃんと山折り谷折りって書いてある。不器用だけどがんばって作ってみよう。
で、最終アポの長久手までちょっと時間があったのでこれは!と思い、名古屋市科学館へ。ここのプラネタリウムが実は高評価なのを、「わが星」の資料集めで初めてしったのだ。入ってみるとちょうど天文400年イベント。最終上映にギリギリ滑り込む。昔ながらのフラットな座席と真ん中に投射機。生解説。しかし、寝てしまった…。疲れてるときにプラネタリウムは向いてませんよね。でも解説の面白さといい通常投射機+メガスターといい、これは川崎市の勝ちかなぁ。そしたら科学館、2011年に改修されて国内最大のプラネタリウムが名古屋にできるそうな。星つながりなんじゃないのこれ。アポロが月に着陸したときの中日新聞。星新一がコメントを寄せてるのが興味深い。しかも、その内容は自分が次に描きたいことにすこし関係してた。
Kc3a0007_2

で、長久手へ。長久手は駅からずっと通りがイルミネーション。それぞれの街にそれぞれの劇場があって、それぞれのイルミネーションがあるのだな。籾山さん山際さんとお久しぶりに話す。最後ということもあり、いろいろとぶっちゃけながら話す。楽しかった。劇王よろしくお願いします。長久手はやっぱりちょっとほっとする。名古屋駅に戻ってちょっと気分転換して家に帰ってようやく晩ご飯。なんだか落ち着いて食事をするのも久しぶりな感じがした。でも滞在中にスガキヤは2回食べた。それは満足。

Kc3a0008
この数日間、さまざまなことを考えた。世間はまぁ甘くはない。でもみんな必死で戦ってる。もっとしっかりしなくちゃいかんな。いわきのこと、スイングバイ、ENBUの作品も考える。あと劇場とロビーについて。街全体をロビーにできないだろうか。それから来年、再来年、その先。どこに行ってもやっていけるようになるしかない。

|

« □ 原宿cinraトーク→ENBU→東海あんぎゃスタート! | トップページ | ■ 「いわきのあゆみ」稽古2&3日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187515/46893675

この記事へのトラックバック一覧です: □ 東海あんぎゃ終了しました:

« □ 原宿cinraトーク→ENBU→東海あんぎゃスタート! | トップページ | ■ 「いわきのあゆみ」稽古2&3日目 »